読まなかった日記

(w)rite/(c)ompile or (d)ismiss

文具調査控え 2015

なんか、以前書いたものを公開してなかった。

書きやすいシャープ

0.7以上の太さで、軸がまともなもの。とりあえずラミーから。

  • 0.5
    • LAMY 2000 15,000円程度
    • LAMY ロゴ 1,500円程度
  • 0.7
    • LAMY スカラ 15,000円程度
    • LAMY CP1 6,000円程度
    • LAMY スクリブル 7,000円程度
    • LAMY イコン 3,000 円程度

スクリブルとイコンを持っている。

スクリブルは、名前の通り落書き用の短くて太い軸が特徴。普段づかいには向かない(本当にずっと仕事でそれだけ握っているような場合は、有用かも)。また、滑りやすい。

イコンは、素材の安っぽさをうまくデザインでカバーしている。

細身のLAMY2000、といった趣のCP1がよさそう。2000と同じようにスリットが入っているのなら、滑りも我慢できるレベルかも知れない(スクリブルも樹脂製だが、表面が梨地なので手に脂が少ないと滑り落としそうになる)。

入手しやすいものとして、製図用のシャープペンシルというのがある。

  • PLATINUM プロフェッショナル (0.3 - 0.7)

プラチナの一番高いクラスのもの(それでも、1,500円程度)は、握りやすくて適度な重みもある。もうすこし長さがあると自重でスルスル滑らせることができるが、悪くない出来だと思った。

水性ボールペン

水性ボールペンはオートのものが優れている。トンボは、太くて紙の上で少しざらつく。スタビロは、インクの出がよいのと、軸が安いこと、リフィルがやや高価なことが難点。

オートのリフィルはよいものだが、国産ゆえ、軸があまりよくない。実はペリカンの水性ボールペン(ローラーボール)はオートのOEMらしく、同型のリフィルが使えるようだ。

同社はパーカー互換のボール(油性、ゲル)を出している。これにも水性があったようなのだが、今では廃盤のようだ。

油性ボールペン

  • パイロット アクロボール0.5

パイロットのいいボールペンの中に入れる替え芯。0.5のEFが出て評価上がった。0.7だとダマになることが多くてスラスラ書けなかったので。(そういう意味で、ジェットストリームの粘性の調整はほんと優れていると思う。軸はひどいが)以前文具のランキングで古川耕さんか誰かが「ジェットストリーム0.5の替え芯」を挙げられていたことがあって、それに近い。このリフィルなら許せる。使っている軸は TIMELINE 。安い奴のほうが、口金の部品とかがないぶんロバストでいいのではないかと思っている。

オートがパーカーの互換品を出しているらしいので、パーカーの軸でオートの油性ボールリフィルを使うという選択肢がある。自分の印象ではオートの油性ボールはダマになることがよくあるので、要検証。

ゲルインクボールペン

オートの芯をパーカーの軸で。同上。どちらも入手しやすいのがよい。パーカーの軸はあのクリップが使いづらいが…。