読まなかった日記

(w)rite/(c)ompile or (d)ismiss

「リスボンに誘われて」

スイス人の高校の歴史の教師の男が主人公。不眠症で夜中にチェスをたしなむ知的な男だ。ある雨の日の朝男は、赤いコートの女が橋の上から身投げしようとしているのを止める。そのまま学校に連れて行くが、女は挙動不審で、すぐにどこかに行ってしまう。授業を放り出して、男は女を追う。女のコートのポケットにはポルトガル語の本が残されていて、そこにはリスボン行きの切符が挟まっていた。男は本を読み始めてしまう。それは男の精神の深くに波紋を投げかける、ある医師が書き残した散文だった。

ポルトガルでは、WW2時の親ファシスト体制が70年代初頭まで存続した。本を書いた医師は、反体制運動に身を投じた若者の一人だった。高校教師は本に導かれるように、医師の生きた足跡を追った。

まぁ勝手な話だ。70年代青春を生きたポルトガルの若者の精神の自由に憧れる、50過ぎとおぼしきこの男が、高校をほっぽりだして、眼鏡を作ってくれたポルトガルの目医者の女とくっつこうとするところで、映画が終わる。

「生徒ほっぽりだして、お前なんだよ!」みたいな安いツッコミをして、面白いわけではない。しかしながら、主人公の突飛な行動を引き受けられるだけの心の動きの説明が、「本になんか感動的なことが書いてあったから」なのはちょっと。そういうところをストーリーを使って説明しないの、邦画っぽいというか、安いなーと思ってしまう。説明が安く見えるのでツッコミも安くなる。

なぜ、ポルトガルの医師の本が、スイスに暮らす平凡な教師の心を動かしてしまったのか? その説明はすっぽかされたまま、「昔こんなことがあった」「おれたちは戦った」という、70年代歴史秘話に話がすり替えられてしまう。最後に教師が訪ねる鍵となる人物の凡庸さたるや。

それから…いや、まぁいいか。全体的に雑で都合のいい話だった、ということで。私にはよくわからなかった医師のポエムが心に響く人もいるのだろうし、この身勝手さがここちよい、年配の世代のみなさんもいらっしゃるのかも知れない。