読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読まなかった日記

(w)rite/(c)ompile or (d)ismiss

6/25(We) の日記

「差別」という言葉を、「生まれながらに変えられないことに関する区別は差別」のように、意味を矮小化してる発言を見かけることがある。小学校の先生が、分かりやすさのために「生まれながらに変えられないことで区別するのは、それは(十分)差別に該当する」*1と教えたかも知れないが、その地点から「差別」観が更新されてないとかだろうか?

承前: たとえば、くだんの都議会議員の「結婚しろ」という野次が、同様のシチュエーションで男性議員に対しても、あったとしたら、反応はどういったものになるか。「おれたちは女だからって差別してるわけではないぞ! 男も同じ! それに結婚するしないは本人の意思だろ! だからからかってるの! こういうのは冗談のうち!」…なーんて、野次への反省が一部「なかったこと」になったりして。この件で、「野次は<結婚しようとしてできない人>を傷つけてしまった、と、勝手に<できない人>と相手を決めつけるおじさん」の発言なんかもあったそうだけど、そういうおじさんが、状況を「差別」であると認めるためには、「やろうとしてもできない」(自由意思が発揮できない)ことが含まれていないといけない、というのがわかる。

紙の本を持ち運ぶことに積極的な価値を見いだしたい。「ザ・ウォーカー」じゃないが、後生大事に読むという態度そのもので読み方に変化がある。というか、自分がまともに「読んだ」経験があるのは、後生大事に読んだ時の本だけじゃないか…。

体重計が到着。最初に居住地を入力させられる。で、量ると、もと使っていたタニタの体重計より500g重くなる…これが地球の重力による補正…(実際には数十グラム。参考)

W杯予選リーグ敗退(1)

朝から、3点目4点目が入るところだけ見た。興味がないというか「にわか」になりたくない、という理由で見ていない感じ。しかし「にわか」にすらならなかったら入り口にすら立てないわけで…。

ともあれ「いけっ、いけっ、あー」っていうのを90分やるのは、とんとん相撲を90分やるようなもんで、遊びとしては疲れるので、もっと多くのものが見えないとだ。

*1:「Xであれば十分Yに該当する」が正しくても、「XでないことでもYに該当するものが存在する」可能性もある