読まなかった日記

(w)rite/(c)ompile or (d)ismiss

『シャーロック・ホームズ 10の怪事件』

(この記事は、自分が所属するボードゲームサークル向けの冊子に書いているゲームの紹介文の草稿です。画像などはまだありません。)

review: シャーロック・ホームズ10の怪事件

これは何か。ゲームブックです。つまり基本的に一人用。なのに、なぜか SDJ(Spiel des Jahres/ドイツ年間ゲーム賞) 1985受賞作。赤ポーンがついています。なのでゲーム会で「何へんなのやってんですか」と聞かれたら「控えおろう」とSDJの名前を出すといいですね。それで聞いた人が「へへー」と恐れ入るかはわかりませんが……。

もとはボードゲームとして出ていたものですが、「いやこれはどう見ても本ですよね」と、日本語版は本+付録として出版されました。

以前、サークルでも募って「ホームズをやるミニゲーム会」を開いたことがあります。私個人は全然「ボードゲーム」の一つだと思っていますし、その会もけっこう人集まりました(6〜7人いたと思う)。

ゲームブックが勝ち負けのあるゲームとして成り立つのか、といった話については、のちほどちょっと検討します。

内容物

目玉はなんといっても、ゲームブックの枠を超える物量と凝りよう。はじめて見た人に「なんですかこれ!」と驚かれることうけあいです。

私はそれほどシャーロック・ホームズに詳しくないので、内容物の「ホームズ的な」凝りようを突っ込んで説明することはできませんのでご勘弁を。というわけで、ゲームのコンポーネントとシステムの説明をします。

まずゲーム本体である本。「10の怪事件」は、10個の事件が短編形式で書かれています。ゲームブックですので、それぞれのお話が、パラグラフをバラバラにされています。普通に読んでも意味が通りません。

また、この本の特徴なのですが、パラグラフ番号が普通の数字ではなく、とびとびの「英字+数字」になっています。また、パラグラフの終わりにあるはずの「君は戦ってもよいし、剣を収めて微笑んでもいい。戦うなら35に進め。剣を収めるなら48に進め」……といった指示がありません。

この本でどうやってゲームを進めるのかは、のちほど。

本の最後には「付録」として、紙袋の中に以下のものが入っています。

  • ロンドン市街図
  • 住所録
  • よく使う住所の早見カード
  • ロンドンタイムズ

あ、そういえば。この本はまだヤフオクやアマゾン中古などに出るので、それほど苦労せず入手できますが、買うときには、これら4つ備品が全てそろっているかどうか確認しましょうね。とくに「住所録」がないと、ゲームとして一切機能しません。

<ロンドン市街図>

ひときわ目をひく、大判のロンドン地図です。ボードゲーマーには「スコットランドヤード」でおなじみの地図でございます。実際の地図をどこまで再現しているかは、私の知識ではわかりませんが……。

で、この地図の上に、先ほどの本のパラグラフと同様に、番号が振ってあります。つまり……いや、説明はもう一つ先で。

<住所録>

つぎに、赤い表紙の冊子がひとつ。開くと、アルファベットで書かれた人名がびっしり詰まっています。苗字とファーストネームの後に、番号が……。これはさきほどの「パラグラフ」「地図」と同様のものです。

つまり、この本において「パラグラフ」というのは「場所」のことを指しているわけですね。

本の中で、事件に関するなんらかの手がかりを得たら、「市街図」「住所録」をたよりに、手がかりである人物や、関連する施設の住所をつきとめて、その住所番号をパラグラフ番号としてジャンプして、本を読み進める。これが、このゲームの基本的な構造です。

普通のゲームブックで選択式になっているところが、「さぁ何が大事と思います?」と自由選択式になっているわけですね。

<住所早見カード>

これは補助的な道具で、「ロンドン警視庁」(まさしく、スコットランド・ヤード)「新聞社」「死体置き場」などの、お決まりの場所がカードになっているものです。

<ロンドンタイムズ>

さらに、「ロンドンタイムズ」という冊子がついてきます。新聞重要。新聞の重要性に関しては、ホームズ本人もたびたび言及していたと思います。このゲームでの新聞は、ゲームに直接使うものではなく、事件に関連する「かもしれない」情報を思いつくための道具です。作品世界にも厚みがでることうけあいです。なんせヴィクトリア朝時代ですからね。最高ですよね。

できることとできないこと

夢のようなシステムに見えますが、パラグラフのジャンプを、場所のジャンプと同じものとみなしてしまっているため、「パラグラフを進んでストーリーが流れる」ということがありません。状況は基本的にスタティックです。情報が徐々に開示されていくことで、その情報に関連づいた場所に移動するようになり、ストーリーが展開しているように感じられるだけです。

この本の続刊には、ひとつの事件を4日に分けて、日に応じて読めるパートを切り替えることで、ストーリー展開を実装しているものがあるらしいのですが……いえ……持ってますけど……気が遠くなるのでまったく確認していませんね。

REPLAY

では実際、プレイがどういう感じになるか、文字でリプレイしてみましょう……と思いましたが、全体が長くなるので、これはまた別のネタ切れのときに回します。

プレイスタイルとゲーム性

長々と書いてきましたが、こういう本ですので、一人で読むのが勿体ないのです。(興味があるかたはお声をおかけください。ホームズ会をやりましょう。)

勿体ないというより、一人で読むと、この本の持ってるポテンシャルを充分に引き出せない気がするのですね。

先日プレイしたときに思ったことですが、この本を「ミステリ」として遊ぶか「ゲーム」として遊ぶかで、プレイ感がちょっと違ってくるのかもしれません。というのも、コンピュータを使ったアドベンチャーゲームに慣れていると、つい「総当たり」を試したくなるのです。私が見ていた議論でも、「もうこのリスト総当たりしようぜ」「いやそれは根拠が」という話になったりしてました。

かくいう私も、もしこの本を一人で読んでいたら、考えるのが面倒くさくなって、「とりあえず全部見ていくか」ということになるかも知れません(だから、一人ではやらずにとってあるのです!)。「総当たり」も、意外なものを見つけたりできて楽しいのですが……。

限られた時間、限られた手数の中で、最善な場所を検討しようとすることで、ディスカッションが生まれ、ミステリ的な思考が発生するんじゃないかな、と思います。

……しかし、手数やプレイ時間に制限がある、と考えたら、なんかちょっと、協力ゲームっぽく思えてきたでしょう?

用具の検討

最後に、このゲームをゲーム会会場など、複数人でやるときの用具などを検討しておきます。こんな感じになるでしょうか。

  • 「10の怪事件」の本
    • 備品は最低、一つずつあればよい
    • 本は二人に一冊くらいの感じで……(だから不完全な中古も買う意味あるよ!)
  • タイマー
    • 時間をはかる。残り時間がつねに見えるものがよい。
  • ホワイトボード
    • 地図を貼り出す。
    • じゅうぶん広ければ、書記も使う。
  • 筆記具
    • 個々人で持っていると便利かも。
    • 書記には必須。
  • 広い紙
    • おもに書記が使う。
  • 手数表(行ったパラグラフと概要を控えるもの)
    • Excelなんかで「何手目」「行った場所」「メモ」を書き込む枠の表を作る

プレイの進め方は、これまでもいろいろ試しましたが、以下のようなやりかたが、わりとうまく回りそうです。

  • 「書記」を一人決める。
  • その人以外は「読み担当」に回る。
  • 読み担当がパラグラフを黙読する。
    • 書記は読まなくてもいい。
  • 読み終えたら「書記」が聞き取りしながら状況を書き出す。
  • 全員でディスカッションする。
  • 次進む場所を決め、パラグラフを移動する。

おわりに

なぜこんなものが翻訳されて日本で発売されたのか、不思議ですが(まぁ景気もよかったのでしょう)、結果的に世紀の奇書みたいなものが生まれてしまいました。そういえばこの本、日本語訳の監修はフーゴ・ハルさんがやられているという意味でも、筋金入りのゲームブックなのでした。フーゴ・ハルさんを知らないって? ならば……そう、14へ進め。

……ではなく、フーゴ・ハルさんとゲームブック、「怪事件」に関しては、Analog Game Studies の以下の記事などももお読みいただくといいと思います。

http://analoggamestudies.com/?p=661

Fallout New Vegas 日記(ノバック)

ノバックはモーテルのNOVACancyのうしろのネオンが落ちた町、思ったより文明的で、ひとのよさそうなおばさんから安めの値段で部屋を借りることができた。町の見張りに立ってる男は、この町で妻を誰かに誘拐されており、これは絶対に町の内輪の誰かが手引きしたのだ、と言っている。はたして、夜中おばさんがいないときにモーテルの受付をあさると、足下の金庫から、見張りの奥さん(とおなかの中の子)に関する、どこかのやつらとの奴隷売買契約書が出てきた。母体が1000、子供が産まれたらその時に500。この契約書を残り500の受け取り証書とする。

しかしそれを見ても、このゲームをプレイしているおじさんは「まじかよ、最低だな」「人間信じられないわ」とまでは、思えないのだった。

見張り番と「犯人を見つけたら連れて来る」約束をしたのだから、約束の場所におばさんをつれていくしかない。場所を言うと、なんの疑いもなくフラフラとそっちに歩いて行く。あのさ、おばさんは、残りの500貰えると思って、あの書類を後生大事にしまってたんだろ。でも、おばさんが残りの500に手を出そうとしたら、受け取り頼んだ奴にトンズラされるか、それをまたどうにかしようとしたりして、結果的にどこかと揉めて殺されることになるんじゃないかな。どだい500ってチンピラしか動かないくらいの金だろ。なんだ、どうせおばさんは死ぬんじゃないか……。しかしなぁ。

まったくなんで、ヤクザのくれた500の証書なんてとっとくんだよ、おばさん。

目的の場所で、合図にしていた赤い帽子を、遠くから見えるようにかぶり直す。帽子のつばを直すか直さないかのうちに、おばさんは「ひっ」とちいさな声をあげてくずおれた。撃つの早い……ずっとこちらを見ていたのか……死体の額には小さな穴が空いていた。おばさん、「見せたいものがある」なんて騙して連れてきてすまなかったな。おばさんにも何か思うところがあったのかも知れないが、先に見張り番と約束してしまったからな。

そうして、おばさんの懐を漁り、いくらかの金と、鍵を手に入れる。金庫をこっそり開けたので、鍵を使うことはなかった。たとえば、この鍵を掏摸とって使っていたら、事態を平和的に解決できたりしただろうか? いや、どのみち金庫から契約書が出てくるだけだからそれはない……。じゃぁ、無人になったモーテルの受け付けをもう少し探せば何か、彼女の側の言い分になりそうな証拠が見つかったりして? しかし、見つけて今更どうする。

見張り番に会い、報酬を貰った。たまたま、モーテルの借り賃と同じ金額だった。これだと、俺はただモーテルの女主人を殺して部屋に居座ってるだけということにならんか。いや、金は金だし、この金にはそういう意味はないことはわかっているが……。

この見張り番(ブーン)を旅の仲間にすることにした。声は小山力也です。

「 #そんならお前はどういうカタンのインストするの 」と言われたら

twitterで 以下記事が話題になったのを受けての覚え書き。

本の虫: 闘会議2016のアナログゲームのとある運営スタッフの感想

江添さんの記事に思うところは特にない。そういう不幸なこともあるかな、くらい。それが<だめな>やりかたに見えてしまうのは、自分たちがある方向の遊び方に慣れてるから、そう見えるのかもねー。

はじめての人に、時間をゆっくりかけて説明していいなら、という前提で。もちろん「あくまで一例」です。

説明の順番

  • どうやったら勝てるか
    • 10点とろう
    • 家を建てて大きくしよう: 家1点、街2点
  • 陣取りゲームであること
    • 道の先に家を建てる
    • 隣に置けない(重要)
    • 人の家から先には道を置けない(重要)
    • ハンズオン: 家と道を使ってためしに並べてみよう
      • 数周、ためしに、手番順でコマを置いていく
      • 「そこには置けない」「いがいと盤面狭い」を体感する
  • 道も家もただでは建てられない
    • 5つの資源: 資源表を参照
    • ハンズオン: 資源を使ってさっきと同じことをやってみよう
      • 資源はてきとうに配る or ほしいものを言ってくれたらあげる
  • 資源はダイスをふってもらえる
    • 土地から資源が出てくる
    • ハンズオン: ダイスをふって資源を出してみよう
      • ダイスを振る→資源が出る→建てられたら建てる
      • 置いてある場所からいつ資源がもらえるか
    • 確率と「いい場所」の説明
  • 交渉、港
  • カード、道賞、騎士賞

えっ、初期配置を自由にやらせたらハマった? そのへんはてきとうにレギュレーションで解決するとか、盤面も初期配置もプリセットで決めとくとかしたらどうですか。そこは公平公正じゃないといかんの?

補足: 発想の根拠

これももちろん「あくまで自分の経験によるもの」。

  • どうなるとカタンはつまらないか
    • 「行く場所がない」
    • つまらない状況を回避するための説明を優先するべきでは
  • 自分が初見のとき、何が障壁だったか
    • 資源でとまどう
      • 突然「麦出しますので土出ますか」とか言われて、えっえっ、それはどういう意味があるの、となる
      • まず頭に資源の一覧が入っていない
      • それ以前に資源の種類が頭に入ってない
    • 人の資源を覚えていないとゲームにならない気がする
      • あのさ「資源ですか? 私もぜんぜん覚えてませんw」とか慣れた人が言うやろ? あれ初めての人にはなんの気休めにもなってないからね。試験前の「全然勉強してねーわー」くらいにしか聞こえてない
  • 何がミスマッチを起こすか?
    • 「ダイスを振って建物たてて楽しそう」と「やりはじめたらもろもろ覚えていられなくて、自分は馬鹿じゃないかと凹む」の落差

これらより、インストの方針は……

  • 陣取りにフォーカス
  • 一気に説明してしまわない
  • 勝つための説明ではなく、初回つまらなくなるリスクを回避するための説明
    • 交渉とかカードとか最初から丁寧に説明してもつらいだけ
    • 「フェアな情報提示」とか知らんがな、それは後何回かやればいい話やろ
  • ハンズオンで強調する
    • 陣取りであること
    • 5種類の資源があること(なんども声に出して、覚えてもらおう)
    • 家・道をつくるための資源セット(声に出して覚えてもらおう)

これで説明したことあるのか

ない(部分的にはある)。

あと、カタンそんな好きじゃない。

100回やらないと楽しめないかどうかは知らないが、私自身、上の「覚えてられっか」の延長で遊び続けており、勘所がつかめていない。なので「100回やらないとわからないとか、とんだガチだな」「カタンはふつうに楽しめるよ」という意見は、それはそれで偏った見方じゃないの、と思いますよ。

追記

なんとなくかっとなってインストの話を書いたが、そもそものエントリの周辺の問題としては、こういうようなことかも知れない。

話題に反応して一本線引いて終わり、というのはもったいないので、この話、人様の反応なども参考に、この種の話題から生まれる議論の方向性を検討したい(そういうことをするためにブログというものがある)。

テスト

このidも、メールからときどき思いつきを投稿する距離感になってしまった。ま、そんなもんか。

10/4の生活雑記

自分の馬鹿さにうんざりする日々が続く。定まらないまま、フラフラしているだけだ。

(中略)

自分も人も、だんだんと首が回らなくなっているのを実感している。何かを捨てて死なないことを考えるべきだ。しかし同時に心を殺してしまっては、意味がない。


10/1の生活雑記

自分が心穏やかな状態で書いたものでないと、人に見せられない。

LotRの第三部の王様みたいな暗君ってじっさいいるのだけど、何がどうねじまがったらああなるのか、というところには興味がある。

文具調査控え 2015

なんか、以前書いたものを公開してなかった。

書きやすいシャープ

0.7以上の太さで、軸がまともなもの。とりあえずラミーから。

  • 0.5
    • LAMY 2000 15,000円程度
    • LAMY ロゴ 1,500円程度
  • 0.7
    • LAMY スカラ 15,000円程度
    • LAMY CP1 6,000円程度
    • LAMY スクリブル 7,000円程度
    • LAMY イコン 3,000 円程度

スクリブルとイコンを持っている。

スクリブルは、名前の通り落書き用の短くて太い軸が特徴。普段づかいには向かない(本当にずっと仕事でそれだけ握っているような場合は、有用かも)。また、滑りやすい。

イコンは、素材の安っぽさをうまくデザインでカバーしている。

細身のLAMY2000、といった趣のCP1がよさそう。2000と同じようにスリットが入っているのなら、滑りも我慢できるレベルかも知れない(スクリブルも樹脂製だが、表面が梨地なので手に脂が少ないと滑り落としそうになる)。

入手しやすいものとして、製図用のシャープペンシルというのがある。

  • PLATINUM プロフェッショナル (0.3 - 0.7)

プラチナの一番高いクラスのもの(それでも、1,500円程度)は、握りやすくて適度な重みもある。もうすこし長さがあると自重でスルスル滑らせることができるが、悪くない出来だと思った。

水性ボールペン

水性ボールペンはオートのものが優れている。トンボは、太くて紙の上で少しざらつく。スタビロは、インクの出がよいのと、軸が安いこと、リフィルがやや高価なことが難点。

オートのリフィルはよいものだが、国産ゆえ、軸があまりよくない。実はペリカンの水性ボールペン(ローラーボール)はオートのOEMらしく、同型のリフィルが使えるようだ。

同社はパーカー互換のボール(油性、ゲル)を出している。これにも水性があったようなのだが、今では廃盤のようだ。

油性ボールペン

  • パイロット アクロボール0.5

パイロットのいいボールペンの中に入れる替え芯。0.5のEFが出て評価上がった。0.7だとダマになることが多くてスラスラ書けなかったので。(そういう意味で、ジェットストリームの粘性の調整はほんと優れていると思う。軸はひどいが)以前文具のランキングで古川耕さんか誰かが「ジェットストリーム0.5の替え芯」を挙げられていたことがあって、それに近い。このリフィルなら許せる。使っている軸は TIMELINE 。安い奴のほうが、口金の部品とかがないぶんロバストでいいのではないかと思っている。

オートがパーカーの互換品を出しているらしいので、パーカーの軸でオートの油性ボールリフィルを使うという選択肢がある。自分の印象ではオートの油性ボールはダマになることがよくあるので、要検証。

ゲルインクボールペン

オートの芯をパーカーの軸で。同上。どちらも入手しやすいのがよい。パーカーの軸はあのクリップが使いづらいが…。